ファインセラミックスと産業機械の総合プロデュース、ファインセラミックス製品製造設備販売及び技術に関する中国台湾その他諸外国との輸出入専門商社、株式会社太平洋テック。太平洋テックのお知らせ、営業製品情報、企業情報などをご紹介しています。

ドクターブレード式シート成形機

ドクターブレード式シート成形機

特徴

本装置は、セラミックスグリーンシートの研究開発用として、各研究機関や大学、民間企業において数多く使用されています。
また、最近では、塗料、薬品、接着剤、プラスチック、複合材料、薄膜などの塗工用にも利用されます。取り扱いや洗浄が簡単。簡易式の卓上タイプから長さ数メートルのクローズド乾燥ゾーンの実験設備まで対応できます。また、フィルムのローラー圧送方式や、巻き出し/巻き取り方式を選択でき、乾燥熱風ゾーンもオプションとして任意の長さに設定できます。

原理

ダムに溜まったスラリーは平行刃により調整可能な隙間から流出し、移動しているフィルムの上でグリーンシートが成形されます。

仕様

■基本仕様

型 式 DP-150 DP-300
グリーンシート仕上寸法 厚さ30um~1.5mm、巾150mm、
長さ800mm
厚さ30um~1.5mm、巾300mm、
長さ800mm
シート成形用フィルム 厚さ100um、巾200mm 厚さ100um、巾350mm
フィルム搬送方式 接触式フィルム搬送ローラー機構 接触式フィルム搬送ローラー機構
塗布方式 ドクターブレード方式 ドクターブレード方式
フィルム移動速度 0.1~0.8m/分(無段可変) 0.1~0.8m/分(無段可変)
電源 AC 1相100V、25W AC 1相100V、25W
外寸法mm 1400mmL x 260mmW 1400mmL x 420mmW

■カスタム仕様

   クローズド・クリーン乾燥ゾーン+フィルム巻取/巻出仕様(DRPTC-150)の参考例

   DRPTC-150構造原理図

ダムに溜まったスラリーは平行刃により調整可能な隙間から流出し、巻き取り機構により搬送移動されているフィルムの上でグリーンシートが成形されます。ブロワーからの送風はHEPAフィルターでろ過され、ヒータにより熱風になり、搬送台下部のラバーシートの発熱とともにグリーンシートを乾燥させます。

   カスタム仕様例

型 式 DRPTC-150
グリーンシート仕上げ寸法 厚さ30um~1.5mm、巾150mm
シート成形用フィルム 厚さ100um、巾199mm
フィルム搬送方式 ロール to ロール
塗布方式 ドクターブレード方式
フィルム移動速度 0.1~0.8m/分(無段可変)
フィルム紙管軸径 内径3インチ
乾燥ゾーン 長さ2m、ケーシング付き。
乾燥方式(搬送レール) シリコンラバーヒーター。温度制御可。
乾燥方式(ケーシング内) HEPAフィルター付き熱風発生装置。温度制御可。
電源 AC 3相200V、10kVA
圧縮空気 0.5MPa
外寸法mm 3550L x 1000W x 1050H

●グリーンシートを長く仕上げるために、ブレード部と巻き取り装置を分離して中間
ベースを任意の長さに設定でき、フィルム巻取式ドクターブレード装置も制作できます。
●乾燥熱風オプション:乾燥ゾーン有り無し。有りの場合オープン乾燥やクローズド乾燥、
またはクリーン熱風(HEPAフィルター)の追加も可能です。

PAGETOP
Copyright © 株式会社太平洋テック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.