ファインセラミックスと産業機械の総合プロデュース、ファインセラミックス製品製造設備販売及び技術に関する中国台湾その他諸外国との輸出入専門商社、株式会社太平洋テック。太平洋テックのお知らせ、営業製品情報、企業情報などをご紹介しています。

電気加熱ロータリキルン

電気加熱ロータリキルン

原理

生産用として大量な試料を焼成するためのロータリーキルンです。定量供給装置やオートフィーダーにより、試料の連続投入が出来ます。
駆動装置により、ドラムを回転させて試料の焼成ムラが低減出来ますし、また電気炉部の加熱ゾーンが独立制御となっており、顧客の独自のヒートカーブにも対応出来ます。
焼成後の製品は、排出口から排出されるため、連続運転が可能です。

●高温ロータリキルン

特徴

●石英・特殊金属などのレトルトの使用により
金属では出来ない高温処理が可能。
●独自開発した気密構造により安定した雰囲気
制御が可能。
●回転攪拌による均一、短時間加熱が可能。
●窒素、水素、酸素、アルゴン、その他各種
雰囲気ガスの利用に対応可能。

用途

各種粉体材料、金属系材料、その他

参考仕様例

キルンタイプ外熱式ロータリキルン
加熱温度Max. 1200℃
処理雰囲気窒素・水素・酸素・その他
レトルト外形寸法ø250x950mm(加熱部)
レトルト材質透明石英、SUS310S、インコネル、特殊金属
レトルト回転数1~15.0rpm
加熱源抵抗発熱体(金属)
加熱能力25kW

 
●特殊雰囲気+真空ロータリキルン

特徴

●特殊金属レトルトの使用により
高温処理が可能。
●独自開発した気密構造により真空熱処理が可能。
●回転攪拌による均一、短時間加熱が可能。
●各種雰囲気ガスの利用に対応可能。真空ポンプと
組み合わせることで、短時間で高純度の雰囲気にする
ことが出来る。

用途

各種粉体材料、金属系材料、その他

参考仕様例

キルンタイプ外熱式ロータリキルン
加熱温度Max. 1050℃
到達真空度1Pa以下
処理雰囲気窒素・水素・真空・その他
レトルト外形寸法ø250x950mm(加熱部)
レトルト材質特殊金属
レトルト回転数0.4~4.0rpm
加熱源抵抗発熱体(金属)
加熱能力20kW
PAGETOP
Copyright © 株式会社太平洋テック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.