ファインセラミックスと産業機械の総合プロデュース、ファインセラミックス製品製造設備販売及び技術に関する中国台湾その他諸外国との輸出入専門商社、株式会社太平洋テック。太平洋テックのお知らせ、営業製品情報、企業情報などをご紹介しています。

排気燃焼炉付脱脂炉

排気燃焼炉付脱脂炉

特徴

脱脂後の有毒ガス(バインダー)を完全燃焼、無煙、無臭化を実現できる脱脂炉です(特許取得済み)。脱脂炉で気化されたバインダーと空気の混合気流は、燃焼炉の特殊加熱構造炉内を混合気体が流速調整され完全燃焼温度800℃に加熱されます。バインダーは完全燃焼して無煙、無臭化し、排気は機外の空気と混合し冷却されて、40~100℃の温度幅のあいだで放出されます。

●使用温度:脱脂炉:600℃max 燃焼炉:800℃max
●加熱方式:脱脂炉:全排気型熱風加熱方式、
燃焼炉:窒素ガス対応時循環方式

原理


本脱脂炉の構造と原理説明:
①大気吸気口:底部からエアーが吸い込みます。
②ヒータユニット:PID制御によりヒーター温度をコントロールします。
③プロペラファン:インバーター制御により攪拌する事で温度分布を均一にします。
④排気燃焼炉:脱脂炉から排出されたバインダー含有のガスは、長い配管で滞留蛇行し、
800℃高温により完全燃焼され無煙・無臭化になります。
⑤降温排気筒:燃焼温度800℃のガスを機外の空気と混合して100℃に温度を下げる装置です。
⑥シロッコファン:このファンは下部方向から排気を吸い込み横から吐き出します。
⑦正面扉:断熱構造で、ワークや棚板の出し入れをする際に開閉します。
⑧爆発放散安全扉:脱脂炉で内装内で点火して爆発要因になるため圧力生じた場合、
扉が開かれ、内部圧を放散させます。
また、爆発する要因は、処理物の過大処理、吸気ダンパーが閉まっている、排気処理がされていないや不明物の処理などが挙げられています。

用途

セラミックグリーン体成形品の脱脂工程

仕様例

型式器内寸法 cm脱脂炉
温度
燃焼炉
温度
脱脂炉ヒーター容量燃焼炉ヒーター容量電動機排気ブロワー最大消費電力
EC-50W50xH50xD50100℃~600℃800℃max15.0Kw12.0Kw0.4Kw0.75Kw35.0Kw
EC-60W60xH60xD60100℃~600℃800℃max16.0Kw12.0Kw0.4Kw0.75Kw 35.0Kw
EC-80W80xH80xD80100℃~600℃800℃max18.0Kw15.0Kw 0.4Kw0.75Kw35.0Kw
PAGETOP
Copyright © 株式会社太平洋テック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.